子どもたちは、10歳になる前に自分の世界観を組み立て始めます。
この創造的な段階は、子供の人生の基盤を形成します。
子どもたちの絵は、この基礎の組み立てにとって非常に重要で貴重な活動です。

多くの子供は数学が嫌いですが、たいていは絵を描きたがります。
しかし、大人は心の中でそろばんを弾きますが、絵を描くことはめったにありません。
子供が絵を描くとき、彼らは心の発達過程を構築しているのです。
この自己表現は成長するために重要なプロセスです。( 北側 民治)


click above  ↑

純粋絵画
◀ ◀ 現代国際巨匠作家画廊 ▶


ビジュアル・コミュニケーションは、次世代相互の和を育みます。

                     -----------------------

     -- 幼少年期の情操教育・美的、道徳的、社会的な育成は非常に重要です -