Understanding children's heart with pictures: From
"Why children draw"
Kayoko Sato, Ken Terao / Reference

 

子供の絵と情緒

子供は最初、母の胎内にあって母と一体であるが、誕生によって母と分離し、一つの個体として存在することになります。
しかし授乳を通して母の乳房にしがみつき又、母に抱かれることによって、かよわい子供もどうにか安定を得ることが出来ているのです。

月日がたち、やがて離乳期を迎えることによって、完全に母と訣別することになるのですが、離乳後のさびしさと不安は、子供にとって大変なものでして、指しゃぶりが続いたり、毛布やタオルにしがみついたりするのもこの時期で、意味のない絵空描きや塗りたくり画が始まるのも丁度この時期に当たります。

してみれば子供が絵を描くという行為は、母と分離していく "さびしさ" の埋め合せであり、そのさびしさを回復しようとする悲しい努力でもあるのです。

この時期の子供の絵は意味のない絵空描きであり、塗りたくりで汚すだけのものです。
この汚すということによって子供は母の関心を呼びおこし、母を引き寄せようとしていると云われています。

もちろん子供はわざとしているのではなく、子供自身の無意識がそうさせているのです。
誕生以来、子供は汚すという行為が母をひきつけるということを、経験を通してよく知っているのです。
それは、おむつが汚れて気持がわるいので泣くと、母はすぐ来てとり替えてくれます。
顔や手足が汚れると綺麗に洗ってくれたり、拭き取ったりしてくれる。ですから母を引き寄せ、かまってもらいたければ汚せばいいのです。

この無意識の行為は、日常家庭の中や幼稚園などで見うけられることです。
そして子供が3~4才になり、下に赤ちゃんが生れたりすると、それまでは排便も排尿もきちんと出来た子供が、急に退行現象をおこし、おもらしをしたり、急に人が変わったりするように乱暴な振るまいをしたり、わざといたずらをしたり、黙りこくって拒否的的な反応を起こしてしまうという現象が 家庭の中や幼稚園の中で見受けられますが、それはさして珍らしいことではありません。

これは母親の関心を求めようとする無意識的な行動であり、子供の最初の描画もこの意味に於て画面を汚すことにより母からの分離を回復する無意識な努力であるといわれる訳でなのです。

この状態の子供に、動的家族描画法(K・F・D)を適用してみますと、よくベットにねている赤ちゃんの傍に、ゴミ箱や屑かごが描かれている事があります。

これは自分はお姉さん、お兄さんになったのだから、という立場の理性的な認識を持つと同時に、今まで自分が占領していた母の胸や膝の温かみを、別の者が一人占めにしているという現象が感情の面では納得できず、許せない状態にあるからなのです。

即ち頭の中では姉、兄という立場が分かり、赤ちゃんを可愛いと思う反面、感情面では母の胸を奪った憎らしい存在なのです。

この時期の子供の心の中に於るこの両極葛藤(アンビバレンス・愛と憎しみ)は大変なものであり、今まで意図的にきちんときれいに絵を描いていたものが、急に後もどりしたように、描いたものを他の色でぐしゃぐしゃに消したり、汚したりすることはよく見受けられることなのです。
これは母を呼ぶ為の汚しの行為であると共に、無意識の中に於る怒りや憎しみ、攻撃の発散でもあります。

即ち子供は自らの手により、自らの力で精神衛生を計っている行為なのですがが、この汚れたぐしゃぐしゃ描きを観て、心ない大人たちは下手だとか、サマになっていないとかいってケナしてしまう事が多いのです。

子供の心と絵

子供が自由に描いた絵は無意識の投影であり、その無意識の心理がそのまま画面に表われます。満足な安定感を持つ子供の絵は、明るくいきいきとした要素に満ち溢れ、不安定な心を持つ子供の絵は自然に暗く汚れ乱雑になります。

子供の絵には子供の心が隠されています。
子供の絵は子供の心のレントゲン写真とも言えます。その子供の絵を手掛かりに、多くの精神分析学者、心理学者が、隠された心のメカニズムの解明に取り組んできました。

即ち、子供の絵の出発は知的興味の現れと、様々な情緒の発散であり、甘えたい感情と反抗の表われでもあります。やがて子供は絵を描くことから自己表現の喜びを知り、甘えと反抗からの脱却を繰り返して成長して行くのです。

甘えは美を求め、美を受けいれ、愛する感情へと昇華し、反抗と攻撃は、新しいものを工夫し、創り出す意欲へと発展して行きます。

このような依存的態度や攻撃的態度は、絵を描くという行為の中でのみ解消され、昇華されていくものであり、そうした適切なプロセスを経てこそ、はじめて知性、情緒、意志が調和した人格の形成が達成出来るようになるのです。    

慶應義塾大学理工学部講師
芸術による教育の会副理事長
寺尾 憲
『子供の心は絵でわかる』より / 著:佐藤かよこ・寺尾憲